[FF14] 私が新生FF14に戻りたくない理由

私はFF14(いわゆる旧FF14)と新生FF14、いずれも序盤だけプレイして、その後放置という経緯になってしまっております。旧については、それを中断した理由はいわずもがなだと思いますが、新生FF14についていえば、かなりよく出来た作品だと思ってます。が、なぜそれに戻れずにいるのか…?それについてちょっと書いてみようかなと。

予習が前提というのはどうなのか

FF11でもその傾向はあったんですが、新生FF14になって尚その色が濃くなってきているように感じることが、ネット全盛時代である今どきのMMO故なのか、多人数コンテンツは、それに参加する前にネットで”予習”してくることが前提になっている空気であるということ。

あるパターンを抑えれば攻略できるボス戦であったり、メンバそれぞれが一定の役割をガッチリこなせば攻略しやすいギミックの多いダンジョンであったりとか、そうしたものは、まずwikiなりネット動画なりでその動きや攻略法を予習した上で参加してくれたまえよという風潮が、正直私は苦手です。

MMOといえど、FF14はFFです。MMOである前に、ストーリーがしっかり作り込まれたファイナルファンタジーなのですよ。それよりも効率的な攻略の方が優先されて、イベントとかはすっ飛ばすのが当然みたいなのはないでしょう。ムービーとかもゆっくり見たいし、折角声もあてられてるんだから、キャラのセリフとかもちゃんと聞いてあげたいじゃないですか。

…と、まぁそういうのもあるのだけど、何より、まず事前に攻略方法を知ってからプレイするのって、それはゲームといえるんですか。いや、その攻略方法通りに立ち回れるかどうかをゲームというならそうかもしれないけども。

ヘタクソの僻みと取られることも覚悟の上でいいますと、やっぱりゲームは初見で何も知らない状態から自身の体験によってその攻略方法を見つけていく過程こそが、こういうゲームを遊ぶ上での醍醐味じゃないかと思うわけです。でも、今のFF14は、そうじゃない人もいるのでしょうけど、少なくない人は予習有りきで、ギミックなどは知っていて当然、うまく回避できて当然、うまく攻撃できて当然、そうでない人はボロカスいわれる、いわないまでも蔑まれるみたいな空気って少なからずあるんですよね。或いは、経験の薄いプレイヤーを熟練者やいわゆる廃プレイヤーが見下す空気というか。そういうのがある以上、またFF14を再開しようという気が起こらないわけで。

そういうのを分かってくれる気心知れた仲間がいるなら別ですが、今のところあの世界にそうした知り合いはいない。いてもFF11からの知り合いが数名。その数名も、今ではほとんどFF14から去っているので、今始めると私はひとりぼっちです。

ゲームの完成度は高い

冒頭にも書いた通り、新生FF14という作品自体は本当に良くできてると思います。グラフィックもストーリーも各種コンテンツも、そして運営のサポートなんかみても、旧FF14の失敗に凝りてか、昨今のMMOの中でも群を抜いてトップレベルの品質だと思うんです。

ただ、ゲームは良くても、MMOの世界や空気をつくってるのは、そこにいるプレイヤーなんですよね。一緒に遊んでる人とうまく付き合えたら、コンテンツ自体が多少腐ってても、それをネタにするくらいの勢いで笑い飛ばしながら遊べたりするものだと思うんです。

もちろん、FF14もコンテンツファインダーや他の人のシャウトなんかに乗っかって何度か野良PTに参加したりして、ミスや不慣れなプレイでも楽しくやれたPTもありました。でも、体感で3分の2以上くらいのPTは、神話だか哲学だかを集める作業してる感じというか、プレイがおぼつかないメンバがいたりするとあからさまに不機嫌な発言するようになったりみたいな人がいて、いわゆるギスギスオンライン状態に陥ってた気がするんですよ…。私の運が悪いのかわからないけども。

ストーリー重視、予習不要、むしろ予習するな!みたいなメンツにめぐり逢えたら、私もFF14戻ろうかなという気になるかもしれませんが、それまでは本格的に再開しようという気にならないかなぁ…。たまに気が向いたらソロプレイしてるかもしれませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました