[FF11] 夏の怪談話

金魚すくいでもしようかと、
ひとり川辺へ出かけたときのことでした。
橋の上の猫にお椀をもらおうとしたら、、、

画像

「君、もう持ってるじゃん。」
あれ?
そうか、去年もらったやつを、
後生大事に持っていたのでした…。
ていうか、去年使ったそのお椀、
既に金魚何匹か入ってるみたいだけど、
多分もう…
ていうか、お椀、モグロッカーに入ってるしぃ。
いつだったか、ExRareアイテムをことごとく、
敵のように全部ロッカーに詰め込んだんだったよ。
青銅貨がないので仕方ない、
アトルガンへ貰いにいってくるかと、
いつものようにオルドゥームリングを指にはめ、
エイヤッ!
と、飛んだと思ったら?

画像

あれ?ボク、月になっちゃった?
いや違う。
透明になりました。
というより、名前だけは見えてるから、
体隠して名前隠さず状態。
しばらく透明になって、いつか飛ぶかなーなんて思ってたんですが、
待つこと3分。
さすがにウルトラマンも限界です。
ラグにしちゃ長過ぎだよ。
冷静になって考えてみようか、アルルくん。

画像

あーわかった。
ボク、今、PCでログインしてます。
つまり、Windows版です。
アルルくんの中の人、
貧乏人だからWinの方にアトルガン入れてなかったってね。
バカだねー。
リングはしっかり使用済みになってたんだけど、
ボク、実はどこか次元の歪へでも飛ばされてたんでしょうか。
結局、その日は金魚すくいできませんでした、と。
こわいこわいお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました