ダンガンロンパ1・2 Reload メモ

アニメ化されるとか何とかで話題になってたので、
ちょっとやってみたところハマってしまい私の中で話題騒然。

ダンガンロンパ1・2 Reload
対応機種:PSVita
CERO年齢区分:D
ジャンル: ハイスピード推理アクション
発売日:2013年10月10日
価格: パッケージ版 4,980円(税抜)
プレイ人数 : 1人

要は逆裁的な推理モノなんだけど、
この作品はちょっと独特な世界観とシステムになっていました。
ダンガンロンパ1と2は、
それぞれ単体でPSP向けに発売された作品なんですが、
それらに追加要素を加えて2本まとめたのがこの作品。
ハードもPSPからPSVitaになって画質も向上してますよと。
とりあえず、評価は、S、A、B、C の4段階評価。
例によっていずれも私の独断と偏見によるものなので悪しからず。
ちょっとネタバレ含みますのでご注意。


○ストーリー : A
1も2も共通しているのは、主人公を含む高校生15人余りが
入学と同時にいきなり希望ヶ峰学園という学園内に閉じ込められ、
そこでお互いにコロシアイ(殺し合い)を強要されるという流れ。
学園長はモノクマという白黒のクマのぬいぐるみみたいなやつで、
そいつが主人公たちを閉じ込めた首謀者と思われる。
主人公たち高校生は、皆何らかの分野で一流とされる人たちで
“超高校級の”ナントカという肩書きをもっている。
閉鎖された学園内で、彼らのうちの誰かが殺人を犯し、
それを”学級裁判”という場で犯人(クロ)は誰かを議論してあぶり出す。
そこで見事バレなければ、そのクロは学園を出ることができる。
と、そんな設定。
1では、15人(+1)が学園に閉じ込められ、そこでコロシアイ。
2でも、16人が学園…と思いきや、どこかの無人島?に閉じ込められ
やはりコロシアイを展開すると。
1と2の主人公や高校生としての登場キャラは違うけど、
時系列としては1の続きとして2がある感じになってます。
ぶっちゃけ全体のシナリオは無茶なものなんですが、
こと殺人の犯人探しという推理部分のシナリオに関していえば
いずれのケースもわりと予測を裏切る展開で面白い。
前提として、仲間である同級生が殺人なんてするはずがない
というところから、それでもアッサリ誰かが殺されてしまう
という理不尽な展開だけでも意外性が突き抜けてます。
殺される人も、殺しを犯してしまう人も、
最初からその15~6人の誰かに限定されているにも関わらず
常に意外なアイツが!まさか!な展開になる不思議。
キーワードとなる、”希望”と”絶望”の決着は、
最近の作品らしく曖昧なままというか、あえてプレイヤーに
判断を任せるようなものだったりするのだけど、
ガッカリな展開というのではなく、まぁアリか、と思えたので
これはこれでこの作品の趣きなんだろうと。
○グラフィック : B
推理ものなので、美麗なムービーを見せるでもなく、
なめらかな3D映像だったりド派手なアクションなんてのはなし。
キャラクターも平面印刷で紙芝居っぽい演出になってるので
グラフィックでは勝負してない感じですかね。
これはこれで、このダンガンロンパというゲーム性というか
そういう雰囲気をつくっていたりもします。
○サウンド : A
音楽はわりと好き。
ロックでもPOPSでもなく、テクノっぽいこれも独特のBGM。
何よりダンガンロンパの世界観に凄く合ってる。
…というか、このBGMがダンロンの世界観をつくっている
といっても良いくらい主張の強い曲が多いかな。
特に、コトある度に流れるモノクマのテーマは
プレイ後もしばらく脳内でループするくらい印象に残るっていう。
1も2も、EXTRAモードに音楽プレイヤーがあるので、
音楽だけそこで聴いて楽しむこともできますね。
○キャラクター : A
いずれも超高校級の何かであるだけに、自己主張の強いキャラ揃い。
1、2共に一番キャラが薄いのは主人公でしょうね。
1は苗木誠。
平凡そのものの高校生だけど、本来超高校級の高校生しか入れない
希望ヶ峰学園に運良く入学できたという、超高校級の幸運の持ち主(?)
2は日向創。
彼も同様に平凡な子っぽいけど、そんな彼がこの学園に入れた理由は
2のメインストーリーにも関わってたりするようなしないような。
彼ら以外のキャラは、はっきり言ってあり得ない設定ばかり。
まぁアニメ・ゲームの世界なんてそんなもんなんですけどね。
1の場合は、超高校級の御曹司、超高校級の野球選手、
超高校級のスイマー、超高校級の暴走族、超高校級のプログラマー…
などなど、超高校級というより、普通に人として飛び抜けてる感じ。
2の場合は、超高校級の飼育係、超高校級の保健委員、
超高校級の軽音部みたいな、高校の中で突き抜けてる感の人?
かと思えば、超高校級の王女とかヤクザとかもいたりでもうカオス。
そういう彼らの能力が議論の論点になったりもするので、
そんなの普通ねーよッていう推理もままあります。
この世界だから通じる常識(?)で考えましょうという誘導の意味でも
超高校級のナントカっていうキャラは重要な色付けなんでしょう。
まぁ、一番濃いのはモノクマなんですが。
○推理アクション:A
ここはRPGの場合は「バトル」評価にあたる部分ですが、
ダンロンでは”学級裁判”に纏わる一連の議論アクションってことで。
システムとしては、まず(非)日常編で学園内の調査とか
仲間同士の交流といった時間がある。
ひとしきりしたあと殺人が発生し、その捜査が始まる。
そこで事件のさまざまな証拠を”コトダマ”として収集していく。
捜査が終わると、学級裁判となり、
誰がその犯人かを議論する…といった流れ。
その最後の学級裁判の議論では、他の人が話す内容について
おかしなところや証拠”コトダマ”と違うことを言ってたりしたら
その言葉に対してコトダマをぶつけて論破していくと。
そう、コトダマが弾丸で、それで論破するから、ダンガンロンパ。
この論破の瞬間は爽快ですね。
逆裁でもムジュンを指摘したときに感じる爽快さがありますが
これもほぼ同じ感覚。
この議論での論破の他に、いくつかミニゲーム的な要素もある。
状況に合う言葉を思い出す、閃きアナグラム(パズル?)だとか
何故かリズムに合わせて論破していくトークバトル(音ゲ?)だとか。
2にはこの要素がさらに追加、修正されてるけど、
難易度は1より2の方が数段上がっていて難しい印象でした。
○総評 : A
これは面白いです。無茶苦茶だけど、なぜか面白いです。
思ったのは、あの作品の主役は、実はモノクマですね。
何というか、あのシナリオを書いた人のメッセージの多くは
ほぼモノクマのセリフに集約されている気がする。
ただ、それだと救いがなくなるので、
そうではない可能性を”希望”という形でプレイヤー側に寄せて
“絶望”という名の現実を論破していくという構成か。
実は、理不尽で絶望に満ちているのが現実社会。
それが具現化、人格化…クマ格化したのがモノクマ。
モノクマ劇場とか、実はみんな正論なんですよね。
感情論で否定したくはなるけど、実はその通りな話じゃないか。
そんな理不尽な現実、そんなねじ曲がった正論を打ち破って
その先に希望を見出してクダサイという話なのかもしれないけど、
それすらモノクマに「大甘だよ」と皮肉られてるような印象で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました